管理人

<< 2015年5月 >>

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

管理人さんの日記

(Web全体に公開)

2015年
05月05日
18:20

リソースを上手に使う

ヘアサロンの経営において、小規模店なら

プレイングマネージャーの人が多いと思います。

僕もそうですが、経理、技術、教育、そして集客と

やる事が多いですよね。

技術者としてお客さんに接していたいし、

新しい技術や知識も習得したい、そろそろお店の

改装もしたいが資金繰りはどうだろう?

しかし、お客さんが来なければ始まらないので、

何はともあれ「集客第一!」というのが現状だと感じます。

たくさんある「やりたい事」を上手くこなしていくには

どうしたらいいのだろう?そう考えることはありませんか。

僕も常日頃から考えていますが、なかなか「コレ!」といった

良い方法はありませんね。

それでも、意識していることはあります。

パソコン好きな僕ならではのちょっと

マニアックな考えになりますが・・

「リソースを上手に使う」

ITの用語に「資源」を意味する「リソース」というものがあります。

コンピューターにおいては、パソコンやスマートフォンを

動作させるのに必要なCPU(命令を読み込み実行する部分)

の処理速度やメモリの容量などを意味するようです。

パソコンでもスマートフォンでも、色々な処理を一度に

行っています。例えば、GPSで場所を認識していたり、

音楽を再生しながら、表計算ソフトを動かしたり。

これは、ハードウエアの処理能力をOS(WindowsやAndroid)

が適切なリソースを割り当てて、スムーズに処理を行える

ようにマネジメント(資源を管理して効果を最適化する手法)

しています。ですが、たまに処理が落ちたり、

動作が鈍くなったりする事ってありませんか?

私もよくありますが、最悪フリーズしてしまいますよね。

人もコンピューターも一度にいろいろな事をやりすぎると、

結果的にうまくいかない事があるのかもしれません。

結局、処理速度が圧倒的に遅くなってしまったり、

再起動がかかって最初からやり直しになってしまうと、

何をやろうとしていたのかわからなくなってしまったり、

途中でやめてしまうことも多いです。

人はコンピューターのように上手にリソースを

割り当てできません。なので、やることリストの順番や、

重要度を整理して、自分で自分のキャパに合わせたリソースを

割り当てなくてはならないと思います。

とは言っても、ハードルの高い作業は後回しに

なってしまいがちですが…皆さんはいかがですか?

コメント

2015年
05月07日
09:53

一番の方法は「集中」だと思います。
師でもあり、お客様でもあったジェームス・スキナー氏がいつも言っています。

「集中しろ」と。

年に1つのことをやり遂げる。
翌年も1つ。
これを繰り返せば、数年で強固な組織ができると。

年間やることを1つに絞って、掘り下げる、考え続ける。
・・・これ、大事だと思います。

2015年
05月08日
11:08

なおきさん
なるほど!そして流石ですね。
よくあるのですが、いろいろやろうとして
何も手付かず…
結果、ほとんど前進できていない…
何てことがよくあります。堀江貴文(ホリエモン)さん
も目先のことに集中する…
という事を言っていました。
集中する習慣をつけようと思います。