管理人

<< 2015年8月 >>

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

管理人さんの日記

(Web全体に公開)

2015年
08月13日
14:40

ベーシック

身近に受験生がいる僕は、 最近やたらと

勉強法や 合格法という文字に反応して

しまいます。 先日も、ある進学校の英語科の

「大学合格学習記」 なるものを読む機会が

ありました。 全国的にも有名な進学校なので

目標レベルも違いすぎるし 勉強法も

ハイレベルに違いない! そう決めつけて

読み進めてみると…

受験生は目標が明確なので 何をするべきか?

という事は 明確になっています。

ですが、例え有名進学校の生徒さんでも

どんどん受験勉強を進めていくにつれて

自分のやっていることが正しいのか?

他の人たちはもっと効率よくやっている

のでないか?など疑問を持ってしまうそうです。

そんな時でも その高校の生徒さんが共通して

言っている事があります。 それは 

”基本が大切” ということです。

予習をして、授業を受ける。 そして復習する。

テストを受けたら 間違えた箇所を納得できるまで

問題を解き直す…

という基本的な勉強のプロセス。

英作文や長文読解でも 基本的な文法の習得が

大切ということ。

とにかく基本の習得を大切にして、

驚くほどシンプルに勉強していると感じました。

これは、僕達の業界でも言えることでは

ないでしょうか?

若かりし頃の僕が技術を学んだ際にも、

常に諸先輩方からは「基本が大切!」

と言われてきました。

ヘアスタイルも様々なスタイルが ありますが、

ラフなスタイルでもやはり”基本”は

大切ではないでしょうか?

左右きちっとシンメトリーにカット

できなくては、アシンメトリーは作れませんし、

ストランドを均等に シェイプしてカット

しなくては、 基本的なシルエットは作れませんよね。

技術の壁にぶつかった時は 基本に帰ると気づく

ことって ありませんでしたか?

最近の若いスタイリストさんたちからは

基本を学ぶ時間が少ないという声を

耳にすることがあります。

これは、本人たちの”意欲の差” のようなことも

少なからずは、 関係しているでしょう。

しかし、過去の自分を振り返ってみると、

ある程度は先輩や上司からの働きかけが

多いに関係していたように思います。

当時は、仕事で疲れたあとの勉強会や練習は

それはそれはキツく、正直 嫌々ながら

参加していたような・・汗。

その後、独立してからもスタッフと一緒に

カットの講習会に参加したり、

練習することがありました。

年齢的にも若くない僕も大変でしたが、

遊びたい年頃のスタッフもキツかったと思います。

しかし、頑張って「”基礎”を習得したあの時」

があったからこそ、独立できたり

集客ができたりして 今に繋がっているん

じゃないかと思うのです。

今回の「合格学習記」を読んで改めて

「基本の大切さ」を感じました。

そして、今の若いスタッフには 基本を学ぶ機会を

作ってあげられる、

そんな環境も大切なのかなと思いました。


巣鴨高校 英語科のホームページです。
現在構築中ですが、ぜひご覧になってください。

http://plushair.jp/okada/wp/

コメント

2015年
08月17日
11:22

いつの時代も「基本」は大切ですね。

2015年
08月30日
22:15

なおきさん 
基本ができなくては前に進めないと
思います。
あのイチロー選手も基本を最も大切に
しているそうです。
技術に伸び悩んでいる技術者は、
基本を見直す必要があるのかもしれないと
感じます。