管理人

<< 2015年12月 >>

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

管理人さんの日記

(Web全体に公開)

2015年
12月02日
21:16

祝!オープン!

知り合いの女性理容師さんが自分のお店をオープンさせました

私も、独立に向けてのアドバイス...というと大袈裟ですね、

自分の体験談をお話しして参考にしてもらった程度ですが

ほんの少し関わらせてもらったこともあり、

自分が独立した時の気持ちを改めて振り返る

良いきっかけをいただきました。


彼女が独立を決意してから数年、

まずは独立するのにいくら必要なのか見当もつかず

融資の相談をしようにも

何をどうしたらいいのかもわからない。

なかなか良い物件にも恵まれず

やっと見つけた物件では設備に問題があったり…

つまずいてはスタートに戻る…

そんなことを幾つも乗り越え

やっと念願のオープンを迎えたのです。


私の場合は、実家が理容店でしたから

多少なりとも親に相談できたのですが、

それでもわからないことだらけで不安でした。

しかし彼女の場合、ご実家は理容業とは無縁で

場所も遠く、相談する相手がほとんどいない。

こんな状況ですから、まだまだ未熟者の私の体験談にも

熱心に耳を傾けてくれました。

そうなれば私も応援したくなるものです!


融資相談に必要な資料や店舗探しのポイント、

広告やホームページを活用した集客についてなど

私が実際に実践して失敗したことや役立ったこと

憶えている限りの体験談を伝えました。

あくまでも伝えるだけにして

「やったほうがいい」「こうした方がいい」

と促すような言い方はなるべく避けたつもりです。


同じ業界とはいえ、やはり「十人十色」といわれるように

お店にだって個性があります。

立地条件、土地柄、店構え、店内の雰囲気、技術メニュー。

何よりオーナーの性別が違いますね(笑)

私の店で良かったからといって、

彼女のお店でもうまくいくとは限りません。

私も今まで様々な「成功法」「集客法」の情報収集をして

いろいろ試してきましたが、

自店に合う方法はそう簡単には見つかりませんでした。

やはり最終的には彼女自身が取捨選択して

自分に合う方法を模索していくのが一番ではないかと思います。


オープンして1ヶ月、

自分好みに仕上がったお店に

喜びを感じていたのも束の間。

予想を下回る来店客数。

彼女はこの現実を目の当たりにして

かなり落ち込んだのかもしれません…

私のオープン当初もそうでした。

「・・・マジか?」

そんな日が何日もありました。

私にはスタッフがいましたが、彼女の場合

お客様がいなければ、店内にはポツンと自分一人だけ...

こんな時って悪いほうにばかり考えて

余計に辛くなってしまうんですよね。

しかし、彼女は弱気になりながらも

今できることを見つけては取り組み、

「今はとにかく前を向こう!」と奮闘しているようです。


だって、どんなに売り上げが悪くても

「返済は待ってくれない!」という

厳しい現実がありますからね。

それはもう必死です、必死でした!

この気持ちがスタッフでいた時と、

経営者になった時の一番の違いでしょうか。

彼女も今、同じように

身に染みて感じているかもしれません。


今はまだスタートしたばかりで、

思うように事が進まず

焦ったり、投げ出しそうになったり

まだまだ辛い時期でしょう。

しかし、前向きに今できる事を続けていれば

実りの時期はやってくると信じて

陰ながら応援していきたいと思います。

コメント

2015年
12月04日
18:25

以前!勤めていた頃に!
オーナーから、自分は正しいと思っているのに、
否定されたり、怒られたり!って、事が沢山あったと思います!
なぜ?そんな事を言うんだろう!
なぜ?怒るんだろう!
って!
今!その事を思い出して、じっくり考えてみる必要があるかも知れませんネ!

2015年
12月18日
20:16

コテちゃんマン様
書き込みありがとうございます。
たしかに、そうですよね。
独立することによって初めてオーナーの
気持ちが分かるのかもしれないですね。
どんなにいい技術や接客力があっても
お客様が来なくては全く意味が無いですよね。

オーナーに否定されたこと…今は少しわかる気がします…