管理人

<< 2016年2月 >>

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829

管理人さんの日記

(Web全体に公開)

2016年
02月29日
12:45

理容師の大先輩

最近、理容師の大先輩でもある

両親に会うと

色々なことが頭の中を巡ります。

私の実家の理容室は

元々は両親二人で営業していましたが、

昨年ひと足先に母が引退。

今は、もうすぐ80歳になる父が一人、

ゆったりペースで営業しています。

父は年も年なので

「これくらいのペースが丁度良いんだよ。」

と言いながらも売上はいつも気になるようで・・・

先日話をした時も

昨年末の売上が落ちたことを

嘆いていました。

だからといって落ち込んでいるでもなく、

新規のお客様が増えたと

喜んでいる一面もありました。

年々売上は落ちているし、

長年のパートナーである母が一線を退いたりと

マイナス要因が増える中、

何十年も来ているお客様のことや

新規のお客さまがリピーター

になっていることを嬉しそうに話す父には、

いつも前向きさを感じます。

また、父は翌日の仕事に対するスタンスも

数十年間変わっていません。

昔ながらの白衣姿で仕事に臨むのですが、

必ず自分でアイロンをかけます。

特別な用事がない限り、

ほぼ毎日決まった時間に就寝、起床。

いわゆる早寝早起きですね(笑)

その結果…皆勤記録を継続中!

自宅兼店舗ということもありますが、

なかなか出来ないことだと思います。

一見すると真面目な堅物に見える

父ではありますが、

休日は数十キロもサイクリングしたり

大好きなカメラの情報収集をしたりと、

趣味も楽しんでいます。

特にカメラに関しては

あまりに没頭し過ぎて、母によくブツブツと

文句を言われながらも(笑)

うまく息抜きもしているようです。

ここ最近、

自分の年を感じることが多くなり、

今後のことを考えることも多くなりました。

そのせいでしょうか?

特に贅沢をするでもなく、

日々つつましく暮らす父には、

私よりも仕事を楽しむ前向きさや

職人のプライドを持っているように感じます。

イキイキとした理想的な老後なのかもしれません。

数十年後、自分が父と同じ歳になった時に

同じようなサロンワークができるだろうか?

正直、今は自信はありません..

しかし、いつか息子が社会に出るときに

「親父の生き方も悪くないな」

な〜んて感じてもらえるように

上手く息抜きしながら、前向きに

仕事に取り組んでいきたいと思います。

コメント

2016年
05月01日
19:53

超いいね!

2016年
05月03日
22:06

ありがとうございます!